二つ折りの財布のメリットとデメリット

二つ折りの財布のメリットとデメリットをまとめます

二つ折りの財布を使ってみませんか

財布には様々な形があります。最近は大型でお札がそのまま入る長財布なども人気ですが、大きさがネックとなり持ち運びがしづらいという事もあります。大きければ大きいほど、それを入れるカバンなどが大きくなりがちだからです。財布の役割はお金を出し入れしやすく、持ち運びしやすくするという事ですから、それが満たせないとなると使いにくくなってしまいます。そこで選択肢に入ってくるのが二つ折り財布です。折りたたむことで長さが減りますので、カバンの大きさをあまり気にせず使うことが出来ます。場合によってはポケットなどに入れることもできるので、ちょっとした外出などにカバンを持たない時に使えるという面でもメリットが大きいです。このような二つ折り財布の魅力を知り、使ってみてはいかがでしょうか。

持ち歩きやすいというメリットがある

二つ折り財布のメリットとして、とにかく持ち歩きやすいという事が挙げられます。女性はいつも大きなバッグを持っているとは限りません。仕事用の大きなバッグなら大きなものも入れられます。しかし、バッグの長さによっては容量があっても長いものが入らないこともあるのです。プライベートで使いたい小ぶりのバッグや、パーティーなどの際に使うコンパクトなバッグには長い財布は入れることが出来ません。そこで、二つ折り財布がおすすめなのです。折りたたむことでコンパクトになりますし、小さめのカバンでも収納することが可能になります。もちろん、普段は長いもの、小さなバッグの時に折りたたみのものとバッグに合わせて使い分けることもできます。しかし財布を変えるという事が面倒な方は、どういったシーンでも対応しやすい二つ折りの形を選んでおくと使いやすくなるでしょう。

必要なものがしっかり収納できるのも魅力

同じ折りたたみでも、3つ折りのものなどもあります。よりコンパクトになって持ち運びがしやすいように感じますが、意外と使い勝手が悪いものも多いです。なぜなら、小さくすることで収納量が少なくなり、必要なものが入れにくいという事が起こりがちだからです。財布にはお金だけを入れるわけではありません。買い物の際に出すポイントカードや電子マネー、プリペイドカードなど様々なカードを入れます。場合によっては定期券なども一緒に入れる場合もあるでしょう。そういったものを入れることが、3つ折りでは難しくなってしまうのです。入れられてもぎりぎりの大きさで出しにくかったり、折れ曲がってしまう事もあります。二つ折りであれば、カードもスムーズに出し入れでき、必要なものが収納できるため使いやすいのです。