二つ折りの財布のメリットとデメリット

二つ折りの財布のメリットとデメリットをまとめます

二つ折りの財布のメリットについて

財布は大きく分けると、二つ折り財布と長財布とに分けられます。財布を選ぶ時に、二つ折り財布にするか長財布にするかで迷う人は多いのではないでしょうか。デザインやブランドも気になるところですが、機能面でもどちらのタイプが使いやすいのか、というのも気になるところです。財布は一旦購入してしまうと、そうしょっちゅう買い替えるものでもありませんので、しっかりと検討して後悔しないように選びたいものです。普段の生活パターンによっても、二つ折り財布が良いのか、長財布が良いのかは違います。それぞれにメリットデメリットがありますので、自分の行動パターンと合わせて、どちらを選んだら良いのかを考えていきましょう。二つ折りタイプを購入するメリットを考えていきましょう。

二つ折り財布に見られるメリットとは

まずは、コンパクトな大きさになるという点です。長いタイプのものと比べると、半分の大きさになります。そのため、持ち運びが非常に楽です。男性などで、ズボンの後ろのポケットに入れることも可能です。もちろん、背広の内ポケットに入れることも可能です。しまう場所を選びませんので、荷物が増えることもありません。長財布の場合ですと、それ自体が大きいため、財布を入れる別のバッグを必要とします。荷物が増えてしまうというデメリットがあります。別のバッグを持たない場合、意外と大きい割にはカバンの底などに入り込んでしまうと、すぐに見つけられなくてレジで探す、ということもあり得ます。二つ折りタイプなら、そのようなことも無く、レジ前で財布を捜すストレスからも無縁でしょう。

コンパクトさは何よりもメリット

二つ折りはコンパクトなサイズなため、財布の中に何でもかんでも入れておくことはできません。最近の長いタイプは、通帳なども入れておけるような仕様になっており、一見それは便利ですが、もし落とした場合の打撃が大きすぎます。クレジットカードや通帳、免許証など、何でも入れられるのは良い反面、防犯上の不安も伴います。それに対して、二つ折りタイプは長財布ほどたくさんのものを入れられる訳ではありません。そのため、時々中身を出して点検して、要らないレシートなどを取り除いたり整理をしたりする必要があります。でもこの作業が、逆にコンパクトに収めることができ、何が入っているか分からない状態になりにくいことにも繋がります。中に何が入っているかが分かれば、クレジットカードなども買い物の時にすっと出すことができます。