二つ折りの財布のメリットとデメリット

二つ折りの財布のメリットとデメリットをまとめます

二つ折りの財布のデメリットとは

財布には二つ折りのものと長いのがありますが、コンパクトでバッグの中でも邪魔にならない財布と言えば二つ折りです。バッグの中に入れる必要もなくズボンのポケットなどに入れておくこともできます。バッグの中に入れてしまうといざ会計の時にガサゴソと探す手間がかかります、その点すぐにさっと取り出せるのはストレスがなくていいのです。他にもメリットと言えばバッグが盗難に遭ったとしてもお金は取られずに済みます。いいリスクヘッジになるのが魅力ですが、実は財布の二つ折りはデメリットもあります。ほぼ毎日使うもので目に触れる機会も多いものですので実際に買うときには普段どのような目的やシーンで財布の二つ折りを使うのか、デメリットも知った上で購入したほうがいいでしょう。

コンパクトではあるものの収納が少ない

財布の二つ折りはコンパクトなのが魅力である一方収納力が少ないのが欠点です、長いタイプですとカードを入れるスペースも多いですし大きなサイズでしたら通帳などもいれられます、しかし財布の二つ折りはそのようなものは入りません。別途カードケースを購入する必要が出てきます。ポイントカードなどを出すときにすぐにカードケースが出せなくなりもたついてしまうのが欠点でしょう。またお札を出すときにきれいな状態で出せないのも欠点です、普段の買い物の時にはさほど問題はありませんが、新札が必要な場合財布の二つ折りに入れてしまうと折り目がついてしまいます。せっかくのきれいな新札も台無しです。あとお札を折ると金運が下がるという迷信もあります、科学的根拠のないものを気にしない人には関係ありませんが気にする人は長い方を使ったほうがいいでしょう。

ボロボロになりやすいのもデメリット

財布の二つ折りはボロボロになりやすいのがデメリットです、例えばズボンなどに入れていますと座った時に折り曲げられてつぶされチャックが壊れてしまうこともあります。収納力が少ないこともあり小銭をパンパンにいれてしまうと壊れてしまうリスクもあり、普段ものを乱暴に扱う人でしたら一年も持ちません。勿論ズボンに入れなければいいのですがバッグに入れた場合も小さいが故バッグの中で動いてしまい擦り切れてボロボロになってしまうのです。長く使っていたいなら長い方を使ったほうがいいでしょう。財布の二つ折りが絶対に悪いということはありませんが長い方にするかどうか迷ったときはコンパクトさか長持ちするかどちらの方を優先するかによって選ぶのがベストです。用途によって使い分けるのもいいでしょう。